四季倶楽部

新着情報(バックナンバー)

 

15周年オリジナルブレンドワイン ー 四季倶楽部

2016年5月21日

 

【5/21より販売開始!】15周年オリジナルブレンドワイン 白赤ともに2,200円!

〜白〜
シャルドネ100%(2015年収穫)

〜白〜NEW
シャルドネ100%(2015年収穫)

ニュージーランド北島のホークスベイ地方。その海沿いと丘の上、それぞれ異なる畑で栽培された最上級のシャルドネを1対1の割合でブレンドしました。
厚みのあるしっかりした印象の口当たりと、絹のようななめらかでクリーミーな舌触りに、桃の風味と上質なオークの香りが絶妙なバランスで口いっぱいに広がります。
フレッシュでフルーティーな風味を楽しむには、今まさに飲み頃ですが、長期熟成にも耐え得る高品質のシャルドネが、毎年、どのような変化を遂げていくのか、とても楽しみな一本でもあります。

〜赤〜
シラー40%、カベルネソーヴィニョン 20%、カベルネフラン 20%、 メルロー10%、マルベック 10%(各 2014年収穫)

〜赤〜NEW
シラー40%、カベルネソーヴィニョン 20%、カベルネフラン 20%、 メルロー10%、マルベック 10%(各 2014年収穫)

2015年には香港インターナショナルワインコンペティションで最高金賞(シラー部門)を受賞するなど、ニュージーランド屈指のワイナリーであるミルズリーフ社の協力のもと、数十通りのブレンドサンプルから選んだオリジナルワインです。
ニュージーランドの北島にあるホークスベイ地方。そのギムレットグラベル地区のシラーをベースに、カベルネソーヴィニョン、カベルネフラン、メルロー、マルベックの5種がブレンドされています。
ワイルドベリーやラズベリー、ピリッとしたスパイスに加えグリーンハーブの香りのアクセントが、複雑でエレンガントな印象を与えます。滑らかに広がるタンニンは厚みがあり、リコリスの風味の余韻が続きます。
白(シャルドネ)の記念ワイン同様、5年後、10年後の熟成にも大きな期待が持てます。

《余談ですが》
四季倶楽部が選んだのがなぜニュージーランドワインだったのか。

その理由の一つが、スクリューキャップです。安物ワインに使われる印象が強かったスクリューキャップですが、コルクと異なり、管理や熟成に「湿度」を要しません。乾燥する季節もある日本で「良いワインを安定して廉価で提供する」には最適と考えました。
そしてもう一つ。ワインの楽しみを大きくするものに「熟成」がありますが、これには、ブドウ自体の高い品質が求められます。それに応じてくれたのがニュージーランドのミルズリーフ社だったのです。もちろん、交渉の最初は「Pardon?・・・(このクラスのワインをこんな価格で提供?冗談でしょ)」でしたが。
ワインと宿泊、異なる世界にあっても、互いの想いを同じくすれば、こうしたことも実現する。そんな一杯をゆっくりと楽しんでいただければ幸いです。

15周年オリジナルブレンドワインが到着しました!

15周年オリジナルブレンドワインがニュージーランドより無事到着しました。
全直営施設のレストランにて5月21日(土)ご夕食よりご提供開始となります。


販売価格:白赤ともに2,200円/本


国内初のお披露目となり、四季倶楽部でしか味わうことができません。
この機会に是非お楽しみくださいませ。

15周年オリジナルブレンドワインが到着しました!
15周年オリジナルブレンドワインが到着しました!

関連リンク

ミルズリーフワイナリー全景

ミルズリーフワイナリー全景です。
併設のレストランには150席に加えウエディングにも度々使用されるセレモニールームを備えています。
この建物内にて醸造から、ボトル詰め、ラベル貼付、配送まですべてが行われています。

ミルズリーフワイナリー

ミルズリーフにて実際にワイン造りに携わるのはこの2人。パディー氏(左)とポール氏(右)。パディー氏の父はミルズリーフワイナリーの創業者です。

ミルズリーフワイナリー

ミルズリーフワイナリーの試飲ルームです。ユーモアを交えながらワインについて丁寧に教えてくれます。希望者にはワイナリー内の見学ツアーも実施しています。

ミルズリーフワイナリー

ミルズリーフがホークスベイに所有するワイン畑です。この土地は1年を通して気候が安定しており特にシラーやカベルネなどの生産に適しているといわれています。

▲ TOP


夢の貸切プラン
先ドリ
スタッフ募集
品川女子学院×四季倶楽部 コラボディナー
四季倶楽部プレミアム
お部屋タイプ指定
日帰り温泉
エコアイス
四季倶楽部スタンプラリー
パートナープログラムのご案内
メールマガジン会員募集中
ゼミ・サークル合宿、同窓会、企業研修・社内旅行など
公式 Instagram
くすりミュージアム